ビデオ編集は4Kの時代へ

4K

映像の規格(解像度)は、フルハイビジョンから4Kへ移りつつあります。
フルハイビジョンは、1920×1080で4Kは、3840×2160になり、解像度が4倍になります。
iPhone6からは、4kでの録画モードもありますし、YouTubeでも4Kでアップロードできます。
iMac 4KやiMac 5Kでは、その動画を4K品質で見ることができます。
4K対応テレビも手頃な値段で販売されていますし、PlayStation4も4K対応です。
Apple TVも今年中には、4K対応になるという噂もあります。

企業にとって自社のブランド構築するためには、4Kビデオカメラで撮影した動画を編集して、4Kテレビで映せば訴求力の高いプロモーション広告になると思います。

4Kテレビを室内に設置してのデジタルサイネージやウェブ動画を活用して、デジタルマーケティングに活用していきたいです。


大都会東京の街並みを上空から撮影した4Kビデオサンプルです。いつも見ても憧れますね!


沖縄宮古島の素晴らしい美しい海の4Kビデオサンプルです。癒やされたいときに!

関連記事

  1. WordPress 4.7の新機能

  2. 制作の際に便利なボタンエフェクトCSSプラグイン

  3. woocommerce メモ

  4. グーグル営業!地球一の営業と最強のチームを作る方法

  5. Mac DICOM ViewerのOsiriX(オザイリクス)

  6. ソーシャルブラウザの「RockMelt」