WordPress 4.7の新機能

wordpresslogo-e1367355053944

 

伝説的ジャズ・ヴォーカリスト、サラ・ヴォーンにちなんで名付けられた WordPress 4.7「ヴォーン」が公開されました

1、新しいデフォルトテーマ Twenty Seventeen。
Twenty Seventeen は、ビジネスサイトにフォーカスをあて、フロントページの複数のセクションを目立たせます。ウィジェット、ナビゲーション、ソーシャルメニュー、ロゴ、カスタム配色等で個性を出してください。2017年のデフォルトテーマは、多くの言語において、どのようなデバイスでも、幅広いユーザーに対しても、うまく動作します。

2、テーマスターターコンテンツ
新規サイトのカスタマイズを始めると、最初のしっかりした雛形としてテーマごとにスターターコンテンツが提供されます。スターターコンテンツは、最適な場所にビジネス情報ウィジェットを配置するものから、美しい画像の静的フロントページにリンクするソーシャルアイコン付きのサンプルメニューまで多岐にわたります。ただしご安心を。最初のテーマ設定を保存し公開するまで、実際の環境には反映されません。

3、編集ショートカット
ライブプレビュー時、サイトの中でカスタマイズ可能な場所にショートカットアイコンが表示されます。アイコンをクリックすれば、すぐに編集を始められます。スターターコンテンツとの組み合わせにより、これまで以上に素早くサイトをカスタマイズできます。

4、動画ヘッダー
ヘッダーに画像ではなく動画を設定可能。

5、メニュー作成をよりスムーズに。
メニューを作成する間に、カスタマイザーから離れ、変更を破棄することなく、 固定ページを追加することができます。カスタマイズした内容を公開すると、コンテンツでいっぱいにする準備ができた新規固定ページが出来上がります。

6、カスタム CSS
時にはサイトを完璧にするためにビジュアルの微調整が必要となります。WordPress 4.7により、カスタム CSS を追加して、すぐにサイトがどのように変更されるのかを見ることができるようになります。 ライブプレビューでは、ページをリフレッシュしてスピードを落とすことなく、すばやく作業することができます。

7、PDFサムネイルプレビュー。
ドキュメントコレクションの管理は WordPress 4.7でより簡単になります。PDF をアップロードするとサムネイル画像が作成され、すべてのドキュメントの中でより容易に区別できるようになります。

8、ダッシュボードを自分の言語に
サイトがひとつの言語であるからと言って、そのサイトを管理する誰もが管理画面のその言語を好んでいることを意味しません。サイトにより多くの言語を追加すると、ユーザープロフィールにユーザー言語設定が表示されます。

WordPress 4.7はコチラからダウンロード出来ます。

WordPress 4.7

関連記事

  1. Motionの勉強!

  2. ファイルメーカーと弥生会計との連携

  3. マイケル ジャクソン遺品展開催中@美浜!!

  4. Final Cutが便利!

  5. HTML5のロゴ

  6. Sass コンパイル用アプリCompass!