WordPress – WooCommerce 商品タイプの削除

デジタルドリームワークスからhigaです。
さて前回までWordPress WooCommerce プラグインの商品登録や配送設定について確認していきました。
今回は商品登録の際に、必要ないと思った商品タイプ(アフェリエイト商品やグループ商品)の削除についてです。

WooCommerceはとても素晴らしいプラグインです。
様々な商品に対応出来る様にデフォルトで様々な設定項目がたくさんあります。
しかし必要の無い設定項目は、煩わしく、複雑になるため不便な場合もあります。
それでは今回は必要のない商品タイプの削除を行ってみましょう。

 

161111-pict01

 

WooCommerceにはデフォルトで以下の商品タイプが用意されています。

・基本的な商品
・グループ化された商品
・外部/アフェリエイト商品
・バリエーションのある商品

以上4つです。

それでは必要のない「グループ化された商品」、「外部/アフェリエイト商品」を削除します。

商品タイプを登録、削除する際にはWooCommerceにあらかじめ用意されている以下のフィルターフックを利用します。

 

「product_type_selector」

 

実際のコードは以下

add_filter( ‘product_type_selector’, ‘remove_product_types’ );

function remove_product_types( $types ){
unset( $types[‘grouped’] );
unset( $types[‘external’] );

return $types;
}

商品タイプをunsetで削除します。
ちなみにそれぞれの商品タイプのキーは以下…

・simple (基本的な商品)
・grouped (グループ化された商品)
・external (外部/アフェリエイト商品)
・variable(バリエーションのある商品)

※ /woocommerce/includes/wc-product-functions.php 内で確認出来ます

 

161111-pict02

 

削除されていることが確認出来ますね。

 

以上
今回はさっくりと必要の商品タイプを削除を行ってみました。
間違っている部分や、別の方法などございましたらコメントいただけると嬉しいです。

新しい商品タイプの登録や新しい設定項目の登録も出来れば、さらにWooCommerceの利用シーンが広がりますね。
この部分は結構な労力が必要と思いますが、引き続き調べていきたいと思います。

関連記事

  1. WooCommerceの基本 商品登録(基本的な商品)編

  2. WooCommerceの基本 配送料編

  3. WordPress移設で注意するDB文字セット

  4. Jetpack コンタクトフォームを試してみた!

  5. WordPress カスタム投稿タイプ作成

  6. WordPress 3.2リリース!