アラン・ケイの本

パロアルト研究所からアップルコンピュータ社に移り、現在のMacの基礎を築いたアラン・ケイです。

1年前のwired newsにこんな記事がありました。
「アラン・ケイの言語」を拒否したAppleに非難の声

パーソナルコンピュータを考える上で、アラン・ケイの与えた影響ははかりしれない。しかし、われわれは彼のヴィジョンのどれほどを理解しているだろうか。本書は彼からのメッセージや論文などから、その評価を試みるための世界で初めての貴重な文献である。(「MARC」データベースより)

alan key

関連記事

  1. 愛と平和とアップル

  2. iMacのハードディスク換装

  3. MacBook ProとiMac 27インチ

  4. Macintosh的デザイン考現学

  5. Apple TV 第4世代のセットアップ

  6. MacBookが起動しなくなった