有効なメールアドレスの確認

サッカー日本代表 パラグアイ戦、惜敗…
あまりの白熱した試合に、
遅くまで起きて朝寝坊してしまいました〜 @美浜からHigaです。

メールフォームを設置してちょこちょこ問題になるのが、
ユーザーから入力してもらったメールアドレスが間違っていること(入力ミス)です。

メールアドレス以外にも連絡先の情報があればひとまずセーフですが、
時には連絡先はメールアドレス情報のみという場合もあります。
そんな場合には相手からの連絡をひたすら待つしかありません。

そこで入力いただいたメールアドレスは有効なのかを、
プログラムが確認できるのかという事で調べてみました。

調べた結果…
有効なメールアドレスの確認は、実際に送信して相手が確認しないと無理という事でした。
もちろんさまざまな入力ミスを少なくする対策はあるようです。

・メールアドレス(確認)などで同じアドレスを2回入力してもらう。
・PHPで明らかにおかしな文字列はエラーとして返す。
・MXレコードを持つか確認。 etc…

上記はどれも完璧とは言えないようです。
会員登録などの際は、一度 仮会員として登録したメールから本登録という流れが多いですね。
ユーザーの手間とメールの正確性にはそういったバランスが必要の様です。

関連記事

  1. Adobe Creative Cloud モバイル編

  2. CakePHP2.x リレーションシップ(アソシエーション)のまとめ&…

  3. スマホ時代の縦長動画

  4. オムロンのルーターMR1000を工場出荷時にする

  5. iPhoneでワークアウト

  6. サイト制作の際の色決め