WooCommerceの基本 商品登録(バリエーションのある商品)編

デジタルドリームワークスからHigaです。
さてWordPress WooCommerceの商品登録を引き続きすすめてきます。
今回は商品登録編の最後、「バリエーションのある商品」です。

バリエーションのある商品とは…
実際にECショップを運営するとサイズやカラーで料金が違う商品が出来ています。
そんな商品を登録する際に利用します。

さっそく見ていきましょう!

161028-pict01

商品登録画面を確認します。
「バリエーションのある商品」を選択すると、設定項目が表示されます。
こちらもほとんど基本的な商品の登録項目と同じですね。

● 一般
● 在庫
● 送料
● リンクされている商品
● 属性
● バリエーション
● 高度

ポイント
今まで「一般」の項目にあった、標準価格、セール価格が表示されません。
「バリエーション」の項目によって登録していきます。
その他、バリエーションの設定項目が増えています。

説明では難しい部分もあるので、実際に登録を進めながら流れを抑えていきましょう。

 

カラーごとに料金が違う商品の登録

 

161028-pict02

初めに属性の登録をしましょう

左の「属性」から登録を行います。
今回は「商品カラー」で登録しました。

161028-pict03

次に商品カラーの「赤」「青」「黒」項目を登録していきます。
これで属性登録は完了です。

 

商品登録を進めていきます

タイトルや説明などの基本的な部分を入力し終えたら、バリエーションのある商品の設定項目です。

161028-pict04

「属性」項目をクリック

カスタム商品属性の選択部分から先ほど登録した「商品カラー」を選択して追加

161028-pict05

商品カラーのどの項目を入れるか選択します。すべてを選択をクリックすれば、登録したすべての色が設定されます。
もちろん商品によって、「黒」は無しとか、「赤」は無しの設定も出来ます。
今回は全ての色を選択、
バリエーションのために使用にチェックをいれて属性を保存

次に「バリエーション」の設定項目です。

161028-pict06

追加バリエーションのセレクトボックスから「すべての属性からバリエーションを作る」を選択して表示
確認ウィンドウが出ますのでOKで続けます。
するとそれぞれの属性で登録出来る項目が表示されました。

161028-pict07

161028-pict08

設定内容は他の商品登録と同じ内容なので省きます。
登録が完了したら、一覧ページ、詳細ページを見てみましょう。

一覧

161028-pict09

詳細

161028-pict10

属性は複数可能です。
カラー×サイズでの登録も可能です。登録数が多いと大変ですね 笑

●サイズとカラーをバリエーション登録した場合…

161028-pict11

161028-pict12

161028-pict13

とういうことでざっと商品登録を見ていきました。
今回はカラーごとに料金が違う商品の登録を想定して説明しましたが、
料金が同じでもカラーを選択して注文やサイズを選択して注文等、利用シーンは多くあると思います。

さて説明不足の部分もありますが、実際に触ってみて慣れることが一番です。
色々試してみたいと思います。

次回はWooCommerceの配送設定について確認していきたいと思います。
WooCommerce2.6系になり配送部分は大きく変わっています。楽しみです。
それでは!

関連記事

  1. WordPress 管理メニュー、ページの追加

  2. 全記事へのアクセスにはget_postだけでは利用できない

  3. Jetpack コンタクトフォームを試してみた!

  4. WordPress ループに入れる属性

  5. WordPress カウントして表示

  6. WooCommerceの基本 商品登録(グループ化された商品)編